HOME/化学物質の届出申請代行/韓国

韓国


韓国では「化学物質の登録及び評価等に関する法律(化評法)」により、新規化学物質の生産者または年間1トン以上の登録対象既存化学物質を製造輸入販売する者は、製造または輸入前にあらかじめ登録しなければならない(登録義務)、新規化学物質または年間1トン以上の既存化学物質を製造・輸入・販売する者は、用途及びその量を毎年環境部長官に報告しなければならない(報告義務)とされております。
その他、有害化学物質を0.1%以上含む製品が年間1トンを超えた場合にはその化学物質に関する申告が必要です。登録等の義務は韓国国内の製造・輸入者にありますが、日本国内の製造者が韓国の代理人をたてて登録等を行うことが可能です。

R&D、少量、高分子の等の免除規定も供給前の申告が必要です。


弊社は登録の可能な選択肢とそれに要する費用と期間の提示、申告に必要な安全性試験の手配、また韓国で代理人サービスも提供しているコンサルタント会社、Safe Chemicals社との提携により、届出書作成・提出から、年間の報告代行等の関連業務の代行サービスを提供しております。

このページのTOPへ