HOME/安全性毒性試験受託代行業務/遺伝毒性試験

遺伝毒性試験

遺伝毒性試験
CiToxLABグループは、遺伝毒性試験については25年以上の経験を有しており、医薬品、バイオ医薬品、化粧品、化学品、農薬、飼料、および食品添加物、医療機器の遺伝毒性試験を受託しております。
試験は、ICHおよびOECDにより発行されているガイドラインの最新版に適合しており、OECD GLPガイドラインに準拠して実施されます。


試験項目
GLP対応遺伝毒性
・Ames試験(OECD471)
・in vitro染色体異常試験 (OECD473)
・マウスリンパ腫試験(OECD476)
・小核試験(OECD474)

スクリーニング遺伝毒性試験
私どもは、遺伝毒性試験のスクリーニングサービスを提供しております。これらは新薬開発の早期段階で有用であり、各スポンサー様毎のご要望に応じたデザインをご提供することが可能です。
・mini-Ames
・BlueScreen™
・Mini-micronucleus


このページのTOPへ