HOME/安全性毒性試験受託代行業務/外科処置能力

外科処置能力

各種外科的処置
CiToxLABの経験豊富な獣医の大規模専門チームと特設の完全装備された外科手術室により、CiToxLABは、整形外科手術および軟部組織手術のどちらも含む、定常的、または高度に特別設計された外科手術モデルを提供することが可能です。無菌技術および術前術後ケアへの配慮は、必須要素であり、特別に設置され設備が整った手術室、および有資格の動物健康管理技術者の数多くのスタッフを用いて実現されています。内部の画像技術は、外科処置の微調整、および非侵襲的フォローアップの実施を可能にしています。


可能な外科手術モデル
ウサギ
・動脈再狭窄
・止血
・ヘプタノール誘発角膜潰瘍

ラット
・胆管カテーテル
・腎臓移植
・頸動脈カテーテル

サル
・脳脊髄液カテーテル
・テレメトリーを用いた脳波モニタリング
・持続脳内注入
・腎臓移植

イヌ
・大腿骨滑車形成術および他の整形外科モデル
・覚醒イヌにおける大脳動脈インフュージョンモデル
・非侵襲的脳脊髄液サンプリングカテーテル
・関節内注入、および滑液収集
・腎臓移植
・血管アクセスポート
・皮下および筋肉内埋植
多種
・左心室圧および肺動脈圧
・透析モデル/ブタ、イヌ
・病態モデル(心臓肥大、心不全、心筋梗塞、糖尿病)
・十二指腸カテーテル/イヌ、サル、ラット
・大腿静脈および頸静脈カテーテル/イヌ、サル、ブタ、ミニブタ、ラット
・回腸カテーテル/イヌ、サル、ラット
・関節内注入および滑液収集/イヌ、サル、ブタ、ミニブタ、ラット
・髄腔内カテーテル/イヌ、サル
・空腸カテーテル/イヌ、サル、ラット
・門脈カテーテル/イヌ、サル、ラット
・外科的創傷治癒モデル/マウス、ラット、ウサギ、ブタ、ミニブタ
・テレメトリー/イヌ、サル、ミニブタ、ラット、マウス
・血管アクセスポート(VAP)/ネコ、イヌ、サル、ミニブタ
・皮下および筋肉内埋植/ラット、ウサギ、ミニブタ

施設基盤
・複数の外科手術室(HEPAフィルター室)
・術前および術後ケア用の場所を分離

装置
・X線
・蛍光
・超音波
・Micro-isolatorケージ
・層状フード

取扱種
・ラット
・イヌ
・霊長類
・ウサギ
・ミニブタ

このページのTOPへ