HOME/安全性毒性試験受託代行業務/一般毒性試験

一般毒性試験

一般毒性試験(急性から慢性まで)
40年以上の経験により、CiToxLABの毒性試験能力は、急性単回投与試験から がん原性試験、および吸入やインフュージョンといった特殊投与経路を含む、あらゆるデザインから構成されています。すべて試験は、完全にGLPに適合し、最新のガイドラインまたは個々の必要性に応じた特注設計に準じて実施されます。

フランス、北米、デンマークおよびハンガリーに位置するCiToxLABの4つの主要な施設は、医薬品、バイオテクノロジー医薬品、医療機器、および農薬、工業化学品の一般毒性試験を実施するために、約60,000平方メートルの広さの動物施設および研究室を有しています。私どものお客様には、主要な医薬品、バイオテクノロジー、農薬、および化学品の名だたる企業が含まれています。


試験項目
・急性毒性試験
・亜急性毒性試験
・慢性毒性試験
・細胞毒性および遺伝毒性試験
・免疫毒性試験
・がん原性試験
・生殖毒性試験
・ゲノミクス
・in vitro毒性試験
・組織交差反応性試験
・ADMEおよびPK
・Lead Optimization
・創傷治癒

取扱種
・ラット
・マウス
・ウサギ
・モルモット
・ハムスター
・イヌ
・ミニブタ
・ブタ
・サル

投与経路
・経口
・吸入
・静脈内
・持続点滴静注
・皮下
・経皮
・皮内
・筋内
・腹腔内
・経鼻
・経膣/経子宮
・直腸内
・膀胱内
・硝子体内
・眼
・内視鏡補助投与

このページのTOPへ